黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 死ぬまで働くと言うのか?!

<<   作成日時 : 2004/01/24 10:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今朝、テレビを見ていたら、 定年延長の義務化の話が議論されていました。

 現在60才となっている定年年齢を引き上げて

 65才まで希望に応じて延長することを企業に義務付けると言う。

 確かに、働きたい人はいるだろうし、実際に60才になってみなければ、

 自分自身もどうなるものか 今からでは想像もできません。

 しかし、少子化を一因として、年金の準備資金が足りなくなる。

 また、少子化によって労働力が足りなくなる。

 そのような理由で定年延長が議論されるのは、たまりません。

 今のところ、あたかも希望者のみという表現になっているようですが

 65才まで定年延長のシステムができれば、

 給与や退職金のシステムにも変化を来たし

 経済的に60才ではやめられない状況に陥ることになるでしょう。

 私自身は、59才定年を前提に人生のプランを組んでいます。

 55才を過ぎて、有利な早期退職制度ができれば、 

 きっと、手を挙げることになると思います。

 因みに、今、勤めている会社の社員の平均寿命は63才とのこと。

 いまの定年制のままであれば、自由なリタイヤ生活を

 3〜4年間楽しめる計算になりますが、これが65才に延長されたら、

 死ぬまで働くことになりかねません。

 そもそも、少子化の問題は、国がきちんと防止するための

 手だてを打たなかったために発生しています。

 常に腹が立っていることですが、子供を育てていない人に、

 年金をもらう権利がないのは明らかです。

 同様に、少子化によって定年延長問題が発生するのであれば

 そのしわ寄せは、次世代を育てなかった人だけに行って欲しい。
 
 なんだか、何度も訴えているような気がしますが、、、

 子育てをして、将来の世界を支えるために尽力している人が

 馬鹿を見ないシステムを、早急に作って欲しいと思います。

 いずれにしても、心豊かなリタイヤ生活に、一刻も早く入りたい。

 体が動かなくなって、遊ぶことにも事欠くようになってから

 ゆとりの時間をもらっても、無意味ですよ。

 いつまでたっても、ユタカにならない日本を憂えてしまう

 きょうのテレビでの題材でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
死ぬまで働くと言うのか?! 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる