黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 治癒の証拠か鍼の痛み

<<   作成日時 : 2004/04/23 07:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 このHPでも何度か伝えさせていただいていますが

 昨年11月のヨットニッポンカップ出場時より、

 頸椎からくる左上半身の痛みに悩まされています。

 レントゲン、MRIを撮ってもらったものの

 症状的には、「手術等の必要はなし」とのこと。

 首の牽引治療を唯一の療法として、某クリニックを紹介されました。

 しかしながら、首の牽引だけではなんとも頼りない。

 会社の近場で鍼灸院を見つけて、そこにも通うようになりました。

 ご存じの方も多いと思いますが、鍼灸院の鍼というのは、痛いものではありません。

 注射のような、ちくり!の感覚もほとんどなく

 まるで小さな棒状のものが肌に当たっている感覚です。

 ほんのたまに、神経にぴくん!と触れて、

 それが嫌な感覚を呼び起こす程度だと感じています。

 それこそ、神経痛の痛みが激しい時には

 この鍼こそが頼みの神なので、鍼の痛みもへったくれも一切なし。

 ううう〜、少しでも痛みよ治まっておくれ〜!と祈りながら、

 鍼を打ってもらうのであります。

 しかし、、治癒が進むと、事情は多少変わってくるようです。

 昨日も鍼灸院へ行って来たのですが、
 
 鍼を打たれるのが、ちょっと嫌なんですな。

 神経に触れるほんの少しの痛みとも言えないような鍼の痛みを

 不思議なことに感じ取ってしまうのです。

 これって、つまり、治っているのではないのか?

 治癒が進んで、神経痛自体の痛みがなくなっているので

 些細な鍼の当たる痛みを感じてしまう。

 そんな現象なのだと自己判断しているところです。

 鍼の痛みは、治癒の証拠。 うむ。 そうだといいなあ。 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
治癒の証拠か鍼の痛み 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる