黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS あってたまるか!危険なエレベーター

<<   作成日時 : 2006/06/09 13:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 以前、人から聞いた話ですが、人が使う乗り物の中で

 最も事故の少ない乗り物はエレベーターなのだそうです。

 確かに、今までエレベーターで死んだという事故は

 工事現場等は別にして、あまり聞いたことがありません。

 落下でもすれば生きていられない、本来危険なはずの乗り物ゆえに

 開発してきた先達たちの知恵が結集しているのだと想像します。

 また、人が開発した元祖自動運転機械が、エレベーターだと言えるでしょう。

 全自動で上下に動くシステムのすばらしさもさることながら

 誰一人、監視する人がいない中、何事もないかのように開閉する扉。

 実は、凄まじいほどの高度の技術で人は護られているのです。

 何年か前の映画で安全装置の壊れたエレベーターのシーンがありました。

 安全装置が働かないエレベーターの扉は、平気で人を挟み込み

 挟んだまま上下に動き、人をいとも簡単につぶしてしまいました。

 その恐ろしさたるや、想像に難くないがゆえに、

 逆に、筆舌に尽くせぬものがあります。

 だからこそ、エレベーターの自動運転、自動開閉扉には

 事故は絶対にあってはならないのです。

 ほんの瞬間の誤操作であっても、人の体は引きちぎられます。

 生身の人間が、壁に挟まれ、首、腕、胴体、足が引きちぎられる。

 それは残酷という言葉では表現し足りないほどのむごさに違いありません。

 万が一の怖さを熟知しているからこそ、先達たちは完璧な機械としての

 エレベーター作りに専念し、一番安全な乗り物神話を作ってきたのだと想像します。

 シンドラー社のエレベーターに事故が多発しているとのこと。

 それに対してメンテナンス不良だと反論しているようですが、

 メンテ不足もへったくれもなし。いかなる理由があろうとも

 事故が起こらないようロックされた保守の仕組みが組み込まれない限り

 エレベーターは世に出てはならないと思うのであります。

 そんなの常識でしょ?!



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あってたまるか!危険なエレベーター 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる