黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 犯人よりも悪いかぁ?警察が。

<<   作成日時 : 2006/07/19 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今朝のニュースで「秋田児童連続殺人事件」に関わる

 秋田県警による記者会見の模様が放送されました。

 県警捜査本部は、ごく普通に捜査のプロセスを発表したのですが、

 それに対してマスコミの攻め口が厳しく、

 記者会見は途中で終了してしまうことになりました。

 厳しい攻め口とは、最初の事件に対する初動捜査を誤ったがゆえに、

 連続殺人事件が発生してしまったのではないか。

 捜査ミスを認めないのか?!というものでした。

 具体的には、最初の殺人事件を事故として安易に片付けようとしたことが

 決定的な連続殺人事件を引き起こしたと言うのです。

 確かに初動捜査の方向性によって犯人の気持ちを揺るがしたことは確かでしょう。

 しかし、だからと言って、捜査ミスだと責めるのもあまりに短絡的に過ぎないか。

 考えてみれば、捜査本部の捜査が進んでいったからこそ、

 犯人は追いつめられ、次の犯罪を起こすことになった可能性が大なのです。

 むしろ、先の事件を事故としてすっかり片付けてしまっていれば

 次の殺人事件は起こらなかったのかも知れないのです。

 いずれにしても、殺人事件を追いかけている秋田県警に対して

 捜査ミスを認めさせようとするのは、あまりに酷だと思います。

 悪いのは、犯人。

 それを真摯に追いつめる警察が、悪いはずがありません。

 最近のニュースを見ていて気がつくことですが、

 事件が起こると、なんでもかんでも誰かの責任にしたがります。

 砂浜の穴に落ちて死んだら、自分が悪いに決まってます。

 花火を観に行って、大勢の将棋倒しになって子供を死なせてしまったら

 交通規制を的確にできなかった人の責任ではなく、

 連れて行った親の責任以外の何ものでもないでしょう。

 殺人犯人に子供を殺されてしまった時に、

 警察の事件解決〜回避能力に腹を立てることはあっても

 警察を犯人扱いすることは、できるはずもありません。

 やったのは、犯人であり、憎むべきも犯人。

 強いてあげれば、防げなかった自分の責任が

 自分自身にのしかかるだけなのだと思います。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
犯人よりも悪いかぁ?警察が。  黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる