黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS テレビに裸風衣装なんか、ない。

<<   作成日時 : 2007/01/05 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨今、問題を起こしてばかりのNHKですが、

 06年最後の大イベント「紅白歌合戦」でも大問題を起こしました。

 問題となったのは出演者OZMAのバックダンサーによるヌードダンス。

 NHK史上初めてと思われるヌードダンスが、しかも紅白歌合戦という

 家族団らんの茶の間に映し出されてしまったのです。

 その後、生放送の中で「あれはヌードではなく衣装でした」との注釈。

 しかし、映像というのは「そう見られてしまえば」

 ましてや「そう見られるような演出だった」のだとすれば、

 もはや、言い逃れはできません。それは、ヌード映像だったのです。

 例えは適切ではないかも知れませんが、仮に

 あれが下半身の露出だったとしても同じ言い訳が通用するのか?

 はっきり見える下半身を露出したとすれば、それが衣装であろうと

 作り物であろうと、猥褻物陳列の罪は逃れようがないはずです。

 NHKの橋本会長は茶の間に不愉快な思いをさせたことを陳謝したそうですが

 これは陳謝では済まされないでしょう。

 そもそも問題映像が出るぞ!と大っぴらになっていたそのOZMAです。

 OZMAはNHKに無断で勝手なことをやりかねず、

 本番では凄いことになるぞとさんざん煽り、

 視聴率確保のためにOZMAの勝手を黙認したNHKが

 今更何を言っているのか。

 実物ではなく衣装だったとの言い訳にしても、

 会長の陳謝にしても、まったく理解できません。

 制作姿勢が徹底的に問われるべき、今回の事件なのであります。

 



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
テレビに裸風衣装なんか、ない。 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる