黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 大相撲は興行時間を変えよ!

<<   作成日時 : 2007/01/16 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 いったいどのような時代に決まったことか浅学で知るよしもないが

 大相撲の興行は昼から夕方にかけて行われることになっている。

 NHKの放送時間との兼ね合いもあるのかも知れないが

 毎日の終了時刻は午後6時が目処となっているようだ。

 千秋楽は多少早めの進行で5時半くらいには最後の取り組み。

 それもこれも、もはや習慣として根付いてしまっているかに思えてしまう。

 が、考えてみれば、千秋楽の行われる日曜日はいざ知らず

 平日の昼から夕方にかけてスポーツが興行されるのはおかしくないか?

 ある時、九州場所の枡席のチケットが手に入った時、

 九州の兄にあげようと思って連絡したところ、仕事で行けないとあっさり断られ

 そのおかしさに遅まきながら気がついた次第だ。

 まともな社会人であれば、観に行けるはずがない。

 満員御礼なんて、もっての他である。

 例えば、海外での興行ではどうしているのかと言うと

 もちろん、夜。しかもフランスのパリ興行の時には

 開始時間が午後8時過ぎ。終了は深夜12時近かったと記憶している。

 平日に行うのだとすれば、それが当たり前なのだと思う。

 もちろん、15日間、毎日戦わねばならないという特殊日程もあるのだろう。

 また、今までのメディア環境であれば、時間を後ろにずらしたが最後

 貴重な時間帯ゆえに生放送対応は不可能だったに違いない。

 それ以上に大相撲人気は根強く、興行の時間についてはお構いなしで

 なんとかなってしまっていたのである。

 しかし、今は大相撲の人気は凋落の一途をたどっている。

 かたや、放送の受け皿は、BS、CS他、こちらは増加する一方だ。

 NHKによる生放送にこだわりさえしなければ

 いくらでも放送の手段はあるだろうと想像されるし

 本来、放送されるよう人気の維持に努力していなければいけないはずだ。

 日本文化としての大相撲の将来を考えるのであれば

 くだらない伝統などは打ち壊し、興行時間を後ろにずらすべし。

 結びの一番はだいたい午後9時前。

 それが現代社会における健全なプロスポーツのあり方だと思うがいかがだろうか。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大相撲は興行時間を変えよ! 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる