黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 崖っぷちの男子プロゴルフ!

<<   作成日時 : 2007/02/05 11:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1973年にプロゴルフのツアー制度が出来上がって以来

 テレビ放映のない男子ゴルフトーナメントが行われるのは初めてだそうです。

 7月12日から北海道で開催される「セガサミー杯」がそれ。

 理由は、ゴルフ番組は視聴率が獲得できず、スポンサーとして

 テレビ放映をして広告を打つメリットがないからとのこと。

 確かに昨今の男子ゴルフ番組の視聴率低迷はひどく、

 通常、国内で行われる大会は、5%取れれば儲けもの。

 今や、女子ゴルフに全く歯が立たなくなってしまっているのであります。

 ついにこのようなケースが現れてしまったか。

 しかし、まだ1大会だけだ、まだなんとかなるだろう。

 関係者はそのようにポジティブに考えたいところかも知れませんが

 実は、この問題にはもっと根の深い要素が隠れています。

 ゴルフのトーナメントは、大会スポンサーが付き

 この会社が賞金はもとより、大会運営費、さらに

 テレビ番組制作〜放送費の約半分を支払います。

 それで概ね成り立ってはいるのですが、実は、

 テレビ番組の残り分を売らないことには、実際の収支は立ちません。

 残った分は広告会社が売り捌き、なんとか成立しているのが現状ですが、

 昨今では、あまりの低視聴率のために、これが売れなくなってきているのです。

 放送枠の料金は視聴率の大小によって料金も決まります。

 従って、低視聴率ということは、広告枠自体の料金も下がります。

 つまり、ペイしないということです。

 かたや、低視聴率の番組は、放送局も放送したがりません。

 今までは間に挟まる広告会社が赤字を出して

 さらに放送局を説得してでも成立させてきましたが

 それもこれも、メインスポンサーが喜ぶことがベースになってきました。

 しかし、今回のようにメインスポンサーが放送を歓迎しないとなったが最後

 広告会社はもちろん、放送局も歓迎しない男子ゴルフトーナメントは

 一気にテレビ放送から追放されることになるかも知れません。

 これは非常事態です。

 今回は、メインスポンサーがテレビ放送しない分、

 賞金を3000万円増やしたとのことですが、

 そんなことをしていては、事態を悪化させるばかりだと思います。

 今やらなければならないのは、男子プロ選手の自覚を促すことに他なりません。

 何故、こんなに人気がないのか。

 どうすれば人気を底上げしていって、

 テレビ番組放映に価するイベントに仕立てることができるのか。

 男子プロ選手は真剣に考えなければならないのです。

 男子プロが無愛想なのはいつも問題になります。

 プロアマ大会でもゲストが腫れ物に触るような扱いをすることになります。 

 本来は、逆です。

 プロがゲストのために、ホスト役に徹して楽しい思いをしてもらい、

 次回のスポンサードをお願いしなければならないはずなのです。

 たぶん、今、テレビ放送されているスポーツ番組で

 最も不人気な種目の一つが男子プロゴルフだと推察されます。

 もはや待ったなし。

 男子プロゴルファーは猛省し、リカバリーに徹しないことには

 明日はない!のであります。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
崖っぷちの男子プロゴルフ! 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる