黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 知的水準が低いぞ「手品の種明かし」

<<   作成日時 : 2007/05/02 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 そもそも日本人には手品というアトラクションは向いてないのかも知れない。

 日本人の良さの一つなのだろうが、不思議な現象を見たときに

 単純に驚いたり不思議さを楽しむ前に、何故そうなったのかを

 追求せざるを得ない性格を備えているようだ。

 だからこそ、日本は世界に類を見ない努力家国家として

 めざましい経済成長も遂げてきたのだと想像する。

 しかし、だからと言って、手品の種を次々に明かしていく

 テレビ番組とはいったい何なのか?!知的水準の低さを疑わざるを得ない。

 手品には、例えば「ターベルコース」という教本がある。

 日本では「テンヨー」が日本語訳を出版している。

 本を開くと、まず最初に書かれているのが手品の鉄則だが、

 そこにはっきり書かれていることの一つが

 「決して手品の種を明かしてはならない!」なのだ。

 なぜならば、手品は起こるはずのない奇跡の現象を楽しむものであり

 種を追求するためのものではないからだ。

 また、手品の種は一つ作り出すために、大変なエネルギーを費やしてきている。

 さらに言うなら、古典的手品に至っては、種を明かしさえしなければ

 決して種がばれることがないくらいに素晴らしく完成した作品に仕上がっている。

 4つのリングがくっついたり離れたりするリンキングリングの手品は

 何十年にもわたって種がばれたことがない手品なのだそうだ。

 つまり、いたずらに種を教えさえしなければ、後生にわたって、

 まだ何年でも、人は目の前で起こる奇跡を楽しむことができるのである。

 冒頭を補足すると、残念ながら日本人は奇跡を目の当たりにすると

 奇跡を喜ぶ前に、まるでバカにされたかのような気分になるのだそうだ。

 だから手品の現象自体はテレビのネタにしにくくもあり、

 逆に種明かしをすることは、番組視聴率を稼ぐことに繋がっているのであろう。

 今、手品の関係者が種をばらすテレビ局を訴えているとのこと。

 飯の種にしている人からすればそれも当然だろうと思う。

 しかし、それ以前に、長い歴史の積み重ねのある手品という芸術作品を

 喜び、讃えることのできない知的水準の低さにあらためて肩を落としてしまうのである。

 テレビ番組の善し悪しは、結局のところ、視聴者の知的水準による、と言われている。

 最後に一つだけ言っておきたい。

 手品には種も仕掛けもある。そうに決まっている。

 一つのものは決して二つには、ならない。

 また、人は、裏返しのカードを見知ることはできない。

 あるに決まっている種や仕掛けを必死に探したり、知って得意になることが

 どれだけ惨めで恥ずかしい行為か、日本人は知るべきだ。

 ましてやテレビ局がその後押しをするなんて、決してあってはならないと考える。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
種明かしは知的水準が低いって・・・・
何十年も楽しめるって言うけど、「同じままの使い古されたネタ」をやり続けるるのがほんとうに「楽しい」んでせすか?
最初の考案者は偉くても単純コピーしかないんじゃあ・・・ね
新ネタ無しの同型品生産以外何も無し、なんてもし漫画・小説家なら作家生命に死刑執行ものですよ。
鳩が出てくるだけのやつに得意満面な手品師には
うんざりです
みいきち
2009/06/24 12:05
同意します。
種明かしはするもんじゃないし最近はやたら知りたがる奴がいて困る。挙句は演出を中断して確認したがったり。
種は知らぬが花。
真剣にそのマジックの演者になりたい!ってのならちょっと違うけど、ほとんどは種を知りたいだけ。
空気よめと言いたい
てじなーにゃ
2010/04/21 23:26
コメントをありがとうございます。
マジックを楽しむ人は、種明かしを否定する。
本当の意味でマジックを楽しもうとしない人は
種明かしを楽しむ。
そのような構図なのでしょうか。
考え方は少し異なるようですが、
マジック本来のありかたからすれば
前者が正常なのだと思っています。
こうたん
2010/04/22 06:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
知的水準が低いぞ「手品の種明かし」 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる