黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS エスカレーターの足指切断は自己責任。

<<   作成日時 : 2007/08/14 09:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 川崎駅のエスカレーターで痛ましい事故が発生した。

 なんと上りのエスカレーターで足の指を挟んで切断したと言うのだ。

 エスカレーターに大きな穴が空いていて、そこに足先が入ったまま

 最上部に達した時に閉じる段状部に挟まれたということらしい。

 なんとも痛ましい事故で言葉を失うが、しかし、この手の事故で

 メーカーと使用者の管理責任ばかりを追及するのはいかがなものか、

 大いに考えさせられてしまうのである。

 確かに大きな穴が空いていたのを見落としていたのは管理ミスかも知れない。

 そのような穴に足先が入り込むことは想定の範囲外だったと言えよう。

 しかし、だからこそエスカレーターの段状部には黄色のラインが引かれており

 枠の中にしっかり入って乗るように指導されているはずだ。

 また、ゴム状の履き物は特に気をつけろ、とも案内されている。

 つまり、穴が空いていること自体は想定外だとしても

 このような事故が起こることは、想定の範囲内として

 しっかり指導、案内しているのである。

 だとすれば、今回の事故責任は誰にあるのか。

 怪我をした人に対しては厳しい言い方になるのかも知れないが、

 事故を起こした本人に責任があるとしか言いようがない。

 そもそも機械というものの怖さに対して、

 人が鈍感になりすぎているのではないか。

 今回の事故では、それを改めて知らしめるとともに

 自己責任を促すことによってこそ、次の事故の回避をはかるべきだ。

 穴の点検を頻繁にすることや、穴に足先が入ったことを想定した

 安全策を講じるなどと言うのは、全くのナンセンスであり、

 現実性に欠けるということをテレビの情報番組もしっかり語るべきである。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エスカレーターの足指切断は自己責任。 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる