黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS これ以上増やすな! 喫煙者。

<<   作成日時 : 2008/04/29 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨今の朝日新聞の天声人語を読むまでもなく

 喫煙問題は、そろそろ最終章に入ってきた感があります。

 受動喫煙が健康を損ねることは科学的にも証明され

 かつ、喫煙者自身の喫煙による疾病が健康保険の財源に

 悪影響を与えていることも明らかになってきています。

 もはや、喫煙は許されない。

 それをしっかり理解して、新しい社会を作っていくべきだと考えます。

 が、しかし、「喫煙をやめよ!」というと、喫煙常習者から

 ヒステリックなまでの反撃を受けることになります。

 喫煙者はたばこを、そう簡単には、やめられないものです。

 実は、私も昔は超が付くヘビースモーカーで

 今から18年前にたばこをやめたのですが

 二度と禁煙する自信はありません。

 それくらい、たばこの薬物依存度合いは高いものです。

 だから、喫煙者を禁煙方向に誘導するのはやめにして

 たばこ離脱に関する方針を180度転換すべきだと思うのであります。

 すなわち、今、吸っている人にやめろといっても無理があるので

 今から吸い始める人だけは、決して、増やさない。

 これを鉄則にして、国は数十年後の

 たばこのない日本を目指していけばいかがでしょう。

 国が施行すべきルールはきわめてシンプル。

 現在19歳以下の国民は、生涯、たばこを吸ってはならない

 とするルールを作ればいいだけです。

 平成21年は、満21歳以上の喫煙を認める。

 平成22年は、満22歳以上の喫煙を認める。

 今までは、喫煙者(愛煙者という都合の良い名称もある)による反発も

 たばこ廃止の大きな障害の一つだったと思います。

 まさか、害が明らかなたばこを次世代にも勧める人は

 いかなヘビースモーカーにもいないでしょうから

 効果、効能は十分に期待できると思います。

 そうそう。それともう一つ、言っておきたいことがあります。

 喫煙者がよく喫煙を肯定するための理由に挙げることですが、

 たばこ栽培者を含むたばこ産業に関わる人の生活のことや

 税収減収云々は、喫煙者が心配することではないということを

 喫煙者のみなさんは今一度しっかりと理解して欲しいと思います。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
これ以上増やすな! 喫煙者。 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる