黙ってられるか!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 必要なのか?空中センサー式自動ドア。

<<   作成日時 : 2009/01/28 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 新幹線のドア付近に座っている時にいつも感じるのがこれ。

 駅に着く数分前から、降りる準備を済ませた客が

 自動ドアを通ってデッキに出て行くのですが

 それから駅に着くまで、何度も、何度も、自動ドアの扉が開いては閉じ

 開いては、閉じ。これを繰り返すのであります。

 ドア近くに座っている客にとっては迷惑どころの話じゃない。

 開閉の音のうるささはもちろん、室内温度も開閉のたびに変化して

 時に、寒く、時には暑く。たまらないものです。

 が、もちろん、降りる客には悪気はない。

 ただ、自動ドアのセンサーが、客の体を感じるたびに

 何度でもドアは、開いては閉じることになり、

 室内の客は、腹を立てると言うわけです。

 はて、そもそもこのような空中センサー式の自動ドアは必要なのか?

 手で触れた時に関知する自動ドアにすればいいじゃないか?

 新幹線のドアに限らず、いつでもどこでも腹が立つ、

 空中センサー式、もしくは足踏み関知式の自動ドアですな。

 だって、開いては困る時に開くのでは、自動ドアって呼べないでしょ?!

 そもそも、手動で開けるドアに対する自動ドアの優位性って何なのよ?!

 普通の大きさのドアであれば、手動で簡単に開きますよ。

 自動ドアのエンジニアは、開発をいちから考え直したまえ!と怒っている、

 本日のこうたんなのであります。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
必要なのか?空中センサー式自動ドア。 黙ってられるか!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる